キロンについて①天文学や神話のキロン

今年の私はキロン祭りの様相を呈しているのです。

  • 3月13日にnディセンダント上で、tキロンt木星のコンジャンクション。
  • 4月20日にはnキロンの上で日蝕。
  • t冥王星がnキロンに対し長期的にスクエアで、変容の圧をかけている。

なので、これを機にキロンについて真面目に考えてみようと思います。

キロンは、心の傷と癒しを表すと考えられています。
心の傷を克服するとそれが知恵となり、類似した問題や困難に対峙している人を手助けできるようになるとされ、キロンが傷ついたヒーラー(wounded healer)と呼ばれるのはそれゆえです。
それがよく知られたキロンの解釈になるのですが、わかったようなわからないような感じなので詳しく調べてみました。

天文学におけるキロン(カイロン)は、1977年に小惑星として発見され、のちに彗星の特徴が観測され、現在は小惑星と彗星のどちらにも正式に登録されているそうです。
公転周期は、約51年。
木星から海王星の間に軌道を持ちおよそ44,000個あるとされているケンタウルス族天体の1つになり、キロン自体は土星と天王星の間をいびつな軌道で巡っていますが、最初にその軌道をたどった天文学者は、「maverick」と記していたそうです。
「maverick」という言葉には、独立独歩の、独自路線を行く、型破りの、無所属の人、グループに属さない、異端者、一匹狼といった意味があります。
そこからは、集団の中にありながら孤立したはみ出し者的なキロンの印象が浮かび上がってきます。

キロンの名称はギリシャ神話の半人半馬の賢者キロン(カイロン)に由来します。
ギリシャ神話のキロンは、農耕の神でありティターン神族2代目の主神であるクロノスが妻の女神レアーの目を逃れるため馬の姿をして妖精のピリュラーと交わったため、半人半馬の姿で生まれました。
母親はその異形にショックを受け、ゼウスに頼み自分の姿を菩提樹に変えてもらいます。
完全な育児放棄ですが、もともと母親は同意の上クロノスと交わったわけではなく無理やりだったようなので、それも仕方のないことかもしれません。
ですが、赤ん坊のキロンには何の咎もありません。
そこからは、自分のせいではないのに理不尽に責任をとらされるような、思いっきり割を食うような、スケープゴートのようなニュアンスが感じられます。

クロノスは正妻の目がありキロンを育てることができないので、かわいそうなキロンは孤児となってしまいますが、オリンポス12神に名を連ねVIP的な神様であるアポロン(太陽の神)とアルテミス(月の女神)に育てられ、音楽、医学、予言、狩猟などを学びました。キロンという名には『技術をともなう腕』という意味合いがあり、学問から武術まで幅広い技術の持ち主であったようです。
キロンは、高潔な人格者で洞穴に住み薬草を栽培しながら病人を助けて暮らし、ヘラクレスやカストール、アキレスらたくさんの英雄たちの教師となります。
アスクレピオスに医術を授けるなどキロンの弟子や養育者リストを見ると20人くらいいます…多い

あるとき、教え子のヘラクレスとケンタウルス族との間で、ぶどう酒を飲んだとかしょうもないことが原因で争いが起きます。
このケンタウルス族ですが、キロンは半人半馬の姿からケンタウルス族とされているものの出自は大きく異なります。
ケンタウルス族は女神ヘラに似せて作った雲とイクシオン(人間)との間に生まれたケンタウルス(個人名)が牝馬と交わって生まれた種族だそうで、半人半馬の姿をし好色で酒好き、獣性が強い野蛮で粗暴な種族とされています。
話を戻すと、その争いで教え子のヘラクレスの放った毒矢が誤ってキロンの膝に命中します。
この矢に塗られていたのはレルネのヒュドラ(海蛇の姿の怪物)の猛毒で、リーサルウェポン的なかなりやばいものです。優れた治癒技術を持つキロンでも、この毒はどうすることもできません。
普通だったら死ぬことで簡単に楽になれるのですが、前述のとおり神の子であるキロンは不死のため、ただただ地獄のような苦しみを味わい続けます
最終的に、キロンは苦痛から逃れるために、ゼウスに頼んで不死をプロメテウスに譲り死にました
不憫に思ったゼウスはキロンの姿を星にかたどり、射手座にしました

これが、ギリシャ神話におけるキロンの物語ですが、さあ、これをどう解釈するか・・・
長くなってきたので、続きはその②